京都-芳樹園 / 2003


データ

所在地:京都市西京区
主要用途:店舗兼用住宅
敷地面積:499.62m2
建築面積:109.04m2
延床面積:180.61m2
階数:地上2階
構造:鉄筋コンクリート造

樹木へのオマージュ
 この建築は主に庭園用の樹木と花を販売する店舗である。 樹木や草花は、エコロジカルな意味においても貴重なものであり、観賞することによって心の癒しともなる。 また、木材として使用された場合には多用な用途に使われ、エコロジカルな意味において、その有効性は年々問われているところである。 その中でも和室の床の間に使われる床柱は、その家のシンボル的な存在でもあり、貴ばれた使い方をされる。 この建築は、外壁に北山杉の床柱にも使える材木をありがたく陳列することにより、この店舗が扱う樹木に対するオマージュ(賛辞)としたものである。

data

Kyoto-Houjuen(2003)

Location:Kyoto,Japan
Main use:Residence with Shop
Site area:499.62m2
Builbing area:109.04m2
Total floor area:180.61m2
number of stories:2stories
Structure:RC

Homage to Tree
This building is a store where arboricultures, seedlings, and flowers for garden are chiefly sold. Flowers, harbs and trees are not only valuable in an ecological meaning, but also looking at them influences healing. Moreover, it is evaluated that the tree is used for multiple functions as timber, and is effective from ecological aspect. Especially, a Toko-Bashira (alcove post) used for Toko-Noma (alcove) in a traditional Japanese room where art or flowers are displayed is symbol existence of the house, and a Toko-Bashira is located at a respectable place. On the facade, we display with thanks timbers of Kitayama Japanese cedar which can be used for Toko-Bashira, which expresses the homage (hommage) on trees this store deals with.