古瀬邸 / 1992


データ

所在地:島根県大原郡加茂町
主要用途:専用住宅
敷地面積:1,133.90m2
建築面積:161.60m2
延床面積:151.50m2
階数:地上1階
構造:木造
掲載誌:新建築住宅特集9210
設計担当:正本義人,真壁一弘

 平行に並置された壁と柱によって構成されているこの住宅は、東西方向に長く伸びやかな表現を取る。柱は壁面と同一方向に建てられたものと、住宅の内部を通過するものとがある。。部屋は分散配置され、それを伸びやかな廊下で連結するといった構成がなされ、古来の形式を踏襲しているといえよう。
 現代の住宅がややもすると等価性に覆われたものになっていることを考えれば、「不可視」なものへの模索として、この住宅をとらえることができよう。

data

Furuse House(1992)

Location:Shimane,Japan
Main use:Residence
Site area:1,133.90m2
Builbing area:161.60m2
Total floor area:151.50m2
number of stories:1story
Structure:Wooden