積木の家Ⅴ・Ⅵ / 1981

AIDA BLOCK積木の家Ⅴ/TOY BLOCK HOUSE V積木の家Ⅴ/TOY BLOCK HOUSE V 積木の家Ⅴ/TOY BLOCK HOUSE V積木の家VI/TOY BLOCK HOUSE VI積木の家VI/TOY BLOCK HOUSE VI積木の家VI/TOY BLOCK HOUSE VI

データ

Ⅴ:
建築面積:263.92m2
延床面積:419.12m2
設計担当:小林守
Ⅵ:
建築面積:206.60m2
延床面積:312.20m2
設計担当:河野峰生

 積木の家ⅤおよびⅥは、展覧会のための計画案であり、施主はギャラリーを住居内に持っていることを想定している。ここでの試みは「AIDA BLOCK」を使って、住宅のさまざまなバリエーションがいかにできるかということであった。この2つの住宅では、同種類の形と数の積木で、いかに異なる住宅のパターンが展開されるかが示された。さらに積木のピースを増減すれば、規模も形態もバリエーションがさまざまに変化することだろう。




data

Toy Block HouseV,VI(1981)

V:
Main use:Residence(unbuild)
Builbing area:263.92m2
Total floor area:419.12m2
VI:
Main use:Residence(unbuild)
Builbing area:206.60m2
Total floor area:312.20m2