積木の家Ⅲ / 1981


データ

所在地:東京都中野区
主要用途:専用住宅
敷地面積:256.71m2
建築面積:155.20m2
延床面積:243.32m2
階数:地上2階
構造:鉄筋コンクリート造
掲載誌:新建築8108/JA8211+12/建築文化8108/Architectural Design,Free-Style Classicism(1/2,1982)
設計担当:木村優,菊地守

 積木をテーマとした前数作より、この住宅の場合は一つ一つの積木のピースがより細分化され、積木のイメージが強調されている。外壁のピースは1,200mm角のモデュールを基本としており、内部のピースは内部空間のスケールに対応し、かつ外部空間のモデュールと整合するように600mm角となっている。
 彩色計画においても、ランダムな感覚をさらに強調するために、白色と灰色のピースの配置を乱数表を用い、統計的に処理された偶然性にゆだねられている。家具についても、積木のコンセプトが踏襲され、内部空間との一体感が保たれている。

data

Toy Block HouseIII(1981)

Location:Tokyo,Japan
Main use:Residence
Site area:256.71m2
Builbing area:155.20m2
Total floor area:243.32m2
number of stories:2stories
Structure:RC