M駅前再開発計画 / 1980

Comming soon.

データ

所在地:東京都
主要用途:商業施設,体育施設,医療施設,共同住宅,公園等
敷地面積:98,339.00m2
建築面積:48,850.00m2
延床面積:187,772.00m2
構造:鉄筋コンクリート造,空気膜構造
設計担当:菊地守

 首都圏内の私鉄の駅前に計画された再開プロジェクトである。施設内容は大規模小売店舗を主体とするターミナルビル、ショッピングセンター、ホテル、シニア向け集合住宅、3世代住居としての集合住宅、娯楽・イベントスタジアム、医療施設等である。
 各機能はリニアな形状にまとめられ、初期の住宅作品の影響が見られるファサードや形態、建築を芝生で覆う手法などが取り入れられ、この時期までの作品の集大成的な面もうかがえる。
 また、各施設の環状に配置することで巨大なオープンスペースを生み出し、それを大規模に緑化したことも特徴として挙げられ、加えてこの緑地をピロティを介して隣接する緑地と連続化するなどエコロジカルな視点も当時としては斬新であった。

data

Redevelopment Plan of(1980)

Location:Tokyo,Japan
Main use:Complex(Shop,Gymnasium,Clinic,Housing,Park...etc)
Site area:98,339.00m2
Builbing area:48,850.00m2
Total floor area:187,772.00m2
Structure:RC,AirMembraneStructure